スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


映画評論・レビュー ブログランキングへ

ラブ・アクチュアリー

ラブ・ストーリーの映画が数多く作られる理由は、より多くの人に訴えられる素材だからです。それは誰もが恋愛を経験しているので感情移入がし易いからです。映画もビジネスですから、より多くの人に観て貰わなければなりません。そういう意味でラブ・ストーリーは手堅い素材なのです。しかも、この映画はあらゆるラブ・ストーリーを盛り込んだダイジェスト版のような作りになっています。
 「親友の恋人に惚れた男の話」「言葉が通じない異国の男女の恋」「高嶺の花の少女に恋する少年の話」「恋に臆病なOLの話」「亭主の不倫に悩む妻の話」など。他にも「落ちぶれたロックスターが再起する過程で本当に大切なのは苦楽を共にしたマネージャーと気付く友情の話」や「代役俳優と代役女優の慎ましくもお互いを思いやる優しい恋」なんてのも盛り込まれています。
 一つ一つの話に意外性や新しさはありません。むしろ、それぞれの話では映画一本作るのは無理だから、ダイジェスト版にしてみましたみたいな感じです。ただ、一本の映画にする上で全く関連の無い話を並べるのは無理があるので登場人物にリンクを貼ってます。誰々と誰々が兄妹であるとか、友人であるとか、住んでる街が一緒だとか。でも逆にそうした発想がこの映画の新しさと言えるでしょう。
 個人的に好きな描写が三つありました。一つはポルトガル人のオリーリアがイギリス人作家のジェイミーに愛を告白するシーン。「お別れが悲しいわ。不器用に打つタイプ。下手くそな運転・・・・」なんてことを言います。言葉は通じてないのですが、相手の欠点を好きだというと何か真実の愛だと感じさせます。
 もう一つは妻に死なれたダニエルが葬式でスピーチするシーン。亡き妻は「私を送るのはあなたじゃない。ベイシティ・ローラーズよ」という言葉を遺していて、曲がかかります。葬式に相応しくない明るい曲ですが、少しでも悲しみを和らげて欲しいと考えていた妻の優しさというか想いが感じられてジーンときました。
 最後は、代役俳優のジャックとジュディの話です。ジャックは同じく代役女優のジュディをクリスマス・デートに誘ってOKを貰います。この二人は濡れ場シーンばかりやっているのですが、ジャックは「僕はシャイでなかなか人を誘えなくて」とジュディの股の下で言います。「どこがシャイやねん!」とツッコミたくなりますが、シャイだからこそ代役俳優なのでしょう。
 何と言っても、これだけ多くの人物が出てくるのに凄く分かり易く作られていたのが驚きです。俳優達のキャラクターを活かしたキャスティングも良かったし、また俳優たちもそれに応えています。観た後に何とも言えない幸せな気持ちになりました。

ラブ・アクチュアリー
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン (2005/01/01)
売り上げランキング: 2,123
通常24時間以内に発送
おすすめ度の平均: 4.55
5 小さな幸せがいっぱい詰まった物語
4 なごみます
5 幸せのおすそ分け



映画評論・レビュー ブログランキングへ
スポンサーサイト
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。