スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


映画評論・レビュー ブログランキングへ

理由なき反抗

【内容】
17歳の少年ジム(ジェームズ・ディーン)は泥酔のため、集団暴行事件の容疑者として警察に連行され、そこで夜間外出で保護を受けた少女ジュディと出会った。ジムの一家は転居続きで、つい最近この街へ来たばかりだった。ジムの父親は意志薄弱で、家庭は男まさりの母親が切り回していた。翌朝、新しい学校であるドウスン・ハイ・スクールへ登校の途中、ジムはジュディに出会ったが・・・・。
【感想】
 これもまた半世紀前の作品です。『エデンの東』や『ジャイアンツ』は観ていたのですが、この作品は初観賞です。三作品に共通するのは、ジェームズ・ディーンが傷つき易い若者を演じているということですが、彼が生きていればその後一体どんなキャリアを積んだのでしょうね。
 この映画については、もう語り尽くされている感があるので、ちょっと個人的に感じたことを書いてみたいと思います。それは、あの『バック・トゥー・ザ・フューチャー』はこの作品を下書きにしてるということです。
 まず『理由なき反抗』のジムは「チキン(腰抜け)」と言われると怒りますが、『バック~』のマーティも同じです。「チキン・レース」と呼ばれる度胸試しのシーンも両作品に出てきます。また、主人公の父親はどちらも情け無い男です。ジムはそんな父親に苛立ちを感じていて、マーティもまたそんな父親を歯がゆく思っています。それにマーティの母親・ロレーンの若い頃のファッションですが、ピンクの服といい髪型といい、『理由なき反抗』のヒロイン・ジュディのそれとそっくりです。
 この作品は『ウエストサイド物語』や『イージー・ライダー』などの作品に影響を与えたとも言われていますが、当時はそれだけ斬新な映画だったのでしょう。

理由なき反抗 特別版
理由なき反抗 特別版
posted with amazlet at 05.06.19
ワーナー・ホーム・ビデオ (2000/05/12)
売り上げランキング: 5,060
おすすめ度の平均: 4.5
4 ジェームス・ディーンが主演だけど…
5 貴重な映像に感激




映画評論・レビュー ブログランキングへ
スポンサーサイト

監獄ロック

【内容】
ビンス・エバレット(エルヴィス・プレスリー)は気さくな好青年だが、気の短いのが玉にキズ。ビンスは行きつけのビヤホールで女性をいじめる乱暴者を見かねて注意したことから大喧嘩になり相手を殴り殺してしまう。刑務所内で元フォーク・シンガーのハンク(ミッキー・ショーネシー)からギターの手ほどきをうけたビンスは、シャバに出たら2人で組んで舞台に立つ契約を結んだ。一足先に出所したビンスはある小さな酒場の舞台に立ったが・・・・。

【感想】
 半世紀も前の映画ですが、テンポもよく退屈させない映画です。ストーリーは典型的なサクセス・ストーリーなのですが、半世紀後の現在に観て典型的と感じるという事はこの映画が後の映画に大きな影響を与えたということなのでしょう。
 一つだけ注文があるとすれば、サクセスストーリーなので、その成功ぶりをもっと大袈裟に描写して欲しかったですね。囚人から大スターへという振り幅は大きく設定されていますが、テレビに出演したりレコードがバカ売れしてるらしいという描写だけではイマイチ実感が湧かないです。やはり熱狂する大観衆を前にして歌うという描写が欲しかったです。プレスリーという名前は聞いたことがある、映像も時々見たことがある、という程度でしたが、この映画を観ると彼の魅力がよく分かりました。

監獄ロック
監獄ロック
posted with amazlet at 05.06.19
ワーナー・ホーム・ビデオ (2000/04/21)
売り上げランキング: 36,878
おすすめ度の平均: 5
5 これでエルビスのファンになりました!



映画評論・レビュー ブログランキングへ
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。