スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


映画評論・レビュー ブログランキングへ

コールド・マウンテン

【内容】
南北戦争末期。南軍の兵士インマンは瀕死の重傷を負い病院へ収容された。従軍して三年になるインマンにとって、故郷コールドマウンテンで彼の帰りを待ち続ける恋人エイダだけが心の支えだった。病院でエイダからの手紙を受け取ったインマンは、ついに死罪を覚悟で脱走を図り故郷へ向かって歩み出す。一方その頃、インマンの帰りをひたすら待ち続けていたエイダは愛する父の急死という悲劇に見舞われていた。一人では何も出来ない彼女は途方に暮れるばかりだった。しかし、彼女は流れ者の女ルビーに助けられ、2人は次第に友情を育んでいった…。
【感想】
 観る前は155分という長さ、しかも戦争によって引き裂かれた愛みたいなところに二の足を踏みました。個人的には戦争映画はあまり好きではありません。作り手側は戦争を題材にすると、物語にカセが作り易く、また「戦争=悪」みたいな大義名分を掲げられるので取り扱いやすいんでしょうけど・・・・。
 そんな訳であまり期待せずに観た訳ですが、面白かったですし勉強になりました。幹となるストーリーは、「インマンが脱走兵は死刑という掟を知りつつ、遠い故郷で待つ愛するエイダに会うために困難な道を歩む」というものです。当然、その過程は過酷でインマンは何度も命を落としそうになります。ただ、このコンセプトはありきたりです。恐らくこれだけの話だったら映画化はなかったでしょう。このテーマの名作には『誓いの休暇』という映画があります(三日間の休暇を与えられた兵士が故郷で待つ母親に会いに帰るというお話です。インマンのように命の危険にはさらされませんが、三日しかないという時間のカセが効いています)。
 『コールド・マウンテン』の新しさ、面白さはインマンの帰りを待っている側のエイダにもドラマがあることです。エイダは唯一の家族である父親を突然亡くし、生活力の無い彼女は生きていくのも困難な状況に陥ります。そこに流れ者の女・ルビーが現れてエイダは逞しく生きる術を身につけていきます。このルビーが現れる30分過ぎから、映画はグッと面白くなります。恐らく観ている人の誰もがそう感じたからルビー役のレニー・ゼルウィガーがオスカーを受賞したのでしょう。
 この作品は原作があるそうですが、恐らく作者の発想はこうだったと思います。「インマンが故郷に帰るだけの話だったら、ありきたりだし新しさが無い。じゃあ、待っている側のエイダの話も盛り込もう。ただ、待っているだけの女性に魅力は無いなぁ。戦争映画で魅力的な女性キャラクターと言えば・・・・『風と共に去りぬ』のスカーレットだ! よし、スカーレットの愛情部分と逞しさの部分をエイダとルビーという二人のキャラクターに分けて描こう」
 『タイタニック』は、「タイタニック号の悲劇」という現実の話と『ロミオとジュリエット』を組み合わせた話だとジェームズ・キャメロンは語っています。こんな風に過去の名作を組み合わせることによって新しい話を生み出しているんですね。

コールドマウンテン コレクターズ・エディション
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント (2004/09/15)
売り上げランキング: 5,518
おすすめ度の平均: 4.5
5 美しくも…
5 見終わって不思議な感じ
5 絶対おすすめ




映画評論・レビュー ブログランキングへ
スポンサーサイト
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。