スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


映画評論・レビュー ブログランキングへ

Mr. & Mrs. スミス

【内容】
 ジョン(ブラッド・ピット)とジェーン(アンジェリーナ・ジョリー)は情熱的な恋に落ちて結婚したが、5~6年後夫婦に倦怠期に訪れる。そんなある日、二人はお互いの「裏の顔」を知ってしまう。ジョンは建築業を隠れ蓑にした凄腕の殺し屋。プログラマーのジェーンは暗殺組織のエースだったのだ。この稼業では、自分の正体を知った相手を48時間以内に始末することが暗黙のルール。こうして、二人の壮絶な夫婦喧嘩が勃発する…!

【感想】
 夫婦が二人とも殺し屋で、それを互いに隠しているという現実にはありえない設定ですが、それを大真面目にやっているところが面白いです。
 さて、この映画が作られることになった過程を企画の面から考えてみたいと思います。テーマは「夫婦間の倦怠期をいかに乗り越えるか」というありきたりなものです。話の大筋としては、【倦怠期→対立(喧嘩)→相手の本心を知って和解(より深く相手を理解する)】という展開になります。このテーマでホームドラマを作っても新鮮味がないので、企画としては成立しないでしょう。
 そこで、「殺し屋」という設定が考え出されたと思います。夫婦喧嘩の主な要因は浮気や金銭面での「隠し事」が主な理由に考えられます。この映画の夫婦は自分が「殺し屋」だということを隠していて、それが互いにばれて対立することになります。「殺し屋」なら夫婦喧嘩もマシンガンやバズーカ砲を使った派手なものになって客受けもいいということです。
 次に主人公の人物設定です。ジョンは建築業を営んでいるので、自宅倉庫を武器庫に改造していても説得力があり、ジェーンはプログラマーなのでコンピューターの最新機器を駆使して暗殺を企てたりします。ブラッド・ピットは「トロイ」で、アンジェリーナ・ジョリーは「トゥーム・レイダー」でアクション俳優としてのキャリアがあるので、肉弾戦にも迫力があります。
また監督は『ボーン・アイデンティティー』のダグ・リーマンということで、アクションシーンも巧く撮ることが期待できます。こんな様々な要素から、ヒットするということが見込まれたので、この映画は製作されたんだと思います。

映画評論・レビュー ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : Mr.&Mrs.スミス
ジャンル : 映画

KING KONG

【内容】
 1933年ニューヨーク。野心家の映画監督カール(ジャック・ブラック)は、凄い冒険映画を撮影したいという野望を持っていた。そして、カールは脚本家のジャック(エイドリアン・ブロディ)と美人女優アン(ナオミ・ワッツ)を誘い、撮影クルーとともに航海に乗り出したが、船が到着したのは幻と呼ばれていた孤島(スカル・アイランド)だった。その島には想像を絶する生き物たちが生息していて・・・・。

【感想】
 最初の一時間は話がたるく眠かったですが、キングコングが登場してからは状況が一変。迫力の映像と息もつかせぬスピーディーな展開で突っ走ります。そして涙なしでは観られないラストへ・・・・。「美女と野獣の恋」、この映画こそクリスマスに恋人と観るべき映画ですね。
 モノを喋れないキングコングにこれだけ感情移入させるというのは、作り手側の立場で言うと衝撃でした。やはり人物(?)は何を言ったかではなく、どう行動したかで表現されるべきだと感じましたね。余談ですが、PING PONGと書いてピンポン(卓球)、HONG KONGと書いてホンコン(香港)なのに、KING KONGはキンコンと言わないのは何故?

映画評論・レビュー ブログランキングへ

テーマ : キングコング
ジャンル : 映画

SAYURI

【内容】
 9歳で花街の置屋へ売られた千代(チャン・ツィー)は、「会長さん」と呼ばれる紳士(渡辺謙)から優しく慰められ、いつか芸者になって会長さんに再会したいと願う。15歳になった千代は、芸者の中でも評判の高い豆葉に指導を受け、「さゆり」としてその才能を開花し、ついに会長さんと再会することになるが…。

【感想】
 花街を舞台にして、その慣習なんかを細かく描写していて興味深い映画でした。チャン・ツィーはアクションが出来る女優というイメージが強いですが、「初恋の来た道」のように好きな人を一途に想う健気な女性を演じても光る女優ですね。
 話の骨子は「シンデレラ」です。ですから「プリティ・ウーマン」や「マイ・フェア・レディ」などと同じく身分の低い女性が知識や気品を手に入れ、やがて恋する男性と結ばれるという展開です。
 まぁ、お決まりのストーリーですので、あまり気分も高揚したりしませんし、中盤から少したるかったですね。
 気分が乗らなかった理由は他にもあります。渡辺謙や役所広司、桃井かおりら日本人が一杯出てますが、みんな英語というのにやはり違和感が・・・・。千代も子供の頃から英語ペラペラです。また千代の友人のおカボ(工藤夕貴)を呼ぶ時は「パンプキン」って言うんです。「名前は訳さんでええねん!」ってツッコミそうになりました。アメリカ人は字幕で見るという慣習がないためだからですが、やっぱり違和感がありましたね。


映画評論・レビュー ブログランキングへ

テーマ : SAYURI
ジャンル : 映画

ブログ内検索
リンク
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。