スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


映画評論・レビュー ブログランキングへ

アルカトラズからの脱出

【内容】
深夜、1人の囚人フランク・モリス(クリント・イーストウッド)がアルカトラズ島刑務所へ護送されてきた。彼は、米国各州の刑務所で何度か脱走を企てたために脱走不可能といわれるこの刑務所に送り込まれたのだ。問題囚ばかりが収容されているこの刑務所は、冷酷な所長ウォーデン(パトリック・マクグーハン)の下で厳重な警備体制がとられていた。この警備の裏をかいて脱出に成功しても外は一面の海。潮の流れが早く、冷水のため、泳ぎきるのは不可能に近い。知能指数のきわめて高い新入りモーリスは、特に所長に目をつけられてもいる。果たしてモリスは・・・・。

【感想】
 脱走モノと言えば、『大脱走』『穴』『ショーシャンクの空に』などが有名です。このジャンルに人がカタルシスを感じるのは誰もが少なからず、鬱屈した現実から逃避したいと心のどこかで考えているからかもしれません。
 ストーリーは全編に渡って刑務所内のシーンだけで展開されますが、緊張感があり退屈させない映画です。脱走の緊張感を高めるために、前半は冷酷な所長の存在をクローズアップさせ、またアルカトラズ島刑務所がいかに厳重な警備が施されているかをアピールしています。例えば、過去に脱獄に成功した者はいない、囚人三人に看守が一人ついている、鉄格子一本は鋼鉄の筒に鉄芯が六本入れられている、トンネルを堀ろうにも岩盤の島のため困難、それに海は本土まで二キロあり潮の流れが速い上、水温は低くたちまち手足が凍える、などです。これらの描写で脱走に緊迫感を与えています。
 ストーリーは脱走が成功するかどうかの話だけですので、今回は別の観点から分析してみたいと思います。感じたのは『ショーシャンクの空に』は明らかにこの映画をベースに作られているということです。類似点を挙げると、「主人公が脱獄に使う道具を隠す場所は共に聖書の中」「冷酷な所長の存在」「掘った壁の砂を外でさりげなくばら撒く描写」「主人公をサポートする黒人の存在」などがあります。また、この映画にはネズミをペットとして飼っている男が登場しますが、『ショーシャンクの空に』の原作者であるスティーブン・キングは『グリーン・マイル』でネズミを登場させてもいます。また、この映画自体も鏡を使って房の外の様子を窺うという『穴』にあった緊迫感のあるシーンを取り入れています。映画はこんな風に過去の作品を参考にして、作られているんだということを改めて感じさせられましたね。

アルカトラズからの脱出
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン (2004/04/23)
売り上げランキング: 7,696
このページは在庫状況に応じて更新されますので、購入をお考えの方は定期的にご覧ください。
おすすめ度の平均: 5
5 永遠に浸っていたい映画的時間


ショーシャンクの空に 公開10周年メモリアル・ボックス (初回限定生産)
ワーナー・ホーム・ビデオ (2005/07/01)
売り上げランキング: 137
このページは在庫状況に応じて更新されますので、購入をお考えの方は定期的にご覧ください。
おすすめ度の平均: 5
5 繊細な内容ゆえに感動!
5 歴史的「大どんでん返し」+オマケの楽しみ?
5 あのシーンを・・・

スポンサーサイト


映画評論・レビュー ブログランキングへ

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アルカトラズからの脱出

アルカトラズからの脱出しー 評価 88点小学生の頃、洋画なんて興味も、見る機会も少なかった。まぁそれは今も大して変わりないんだけど。そんな中、TVの洋画劇場で多少見る機会があったんだけど、大抵は途中で寝てしまうのがオチで、最後まで見た映画ってのは

コメント

非公開コメント

ブログ開設おめでとうございます!

アクセス数を上げるために当ランキングサイトに登録しませんか?
http://bestblogrank.zmapple.com/
より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

参加するにはこちらからが便利です
http://bestblogrank.zmapple.com/regist.php?title=%89h%89%D8%82%CC%96%B2%81i%89f%89%E6%93%FA%8BL%81j%20&address=http%3A%2F%2Fplatinarush%2Eblog9%2Efc2%2Ecom%2F


お問い合わせはコチラから
http://bestblogrank.zmapple.com/cgi-bin/fmail/cmfmail.cgi
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。