スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


映画評論・レビュー ブログランキングへ

インファナル・アフェア3

【ストーリー】
 潜入警官のヤンが殉職して10ヶ月。警官として生きる決意をしたラウは、事件について「ヤンを撃ったのは潜入マフィアのラムで、そのラムを自分が射殺した」と証言し、一時的に庶務課へ移動となる。その間ラウは、警察内に残る潜入マフィアを自らの手で始末してきた。ある日、保安部のヨン警視の部屋で、巡査部長のチャンが自殺する。内務調査課へ復帰したラウは、ヨンが潜入マフィアであるとにらみ、その身辺を調べ始めるが…。

【感想】
 完成度高かったです。ただ登場人物も多いし物語が複雑だったので、一言で感想を述べるのは難しいですね。
 物語の核は、ヤンの死によって善人として生きる事を決意したラウが、自らの正義を貫くために警察内の潜入マフィアを始末しようとする話と第一作同様、善人として生きながらもマフィアの一員であることに葛藤するヤンの話ですね。ヤンの方はケリー・チャンとのロマンスが深められていました。今作のメインは、そのラウとレオン・ライ演じるヨンのコン・ゲーム(騙し合い)です。観客も当然、ラウに感情移入して観てるんですが、実は・・・・というのが最後のドンデンです。
 第一作ではヤンが潜入マフィアだという事実を知るのはウォン警視だけという話だったと思いますが、実は違ったというオチでした。第一作はそのウォン警視が死んで、ヤンはこれからどうなるの?って感じで物語りにのめり込んだんですけどね。因みにこれは、映画「フェイス/オフ」で、情報を得るために顔を取り替えて刑務所に潜入したトラボルタ(顔はニコラス・ケイジ)が、その事実を知っている人間全員をニコラス・ケイジ(顔はトラボルタ、ややこしい)に殺されて、一生刑務所暮らしになっちゃう!っていうのと通じるものがありましたね。2の感想でも書きましたが、設定といい、エピソードといい、やっぱりパクってますね。(トレースっていう感じですが)
 これから3を観るという方は、話が緻密ですから観る前にもう一度1と2を観る事をお勧めします。満足度は高かったです。
スポンサーサイト


映画評論・レビュー ブログランキングへ

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
リンク
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。