スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


映画評論・レビュー ブログランキングへ

ミリオンダラー・ベイビー(試写会)

【ストーリー】
 「自分を守れ」が信条の老トレーナー、フランキー(クリント・イーストウッド)は、23年来の付き合いとなる雑用係のスクラップ(モーガン・フリーマン)と、昔ながらのジム、ヒット・ピットでボクサーを育成している。有望株のウィリーは、教え子を大事に思う余りタイトル戦を先延ばしにするフランキーにしびれを切らし、別のマネージャーの下へと去ってゆく。そんな折、フランキーの前に現れた女性ボクサー、マギー(ヒラリー・スワンク)。マギーはフランキーの指導を乞うが、昔気質のフランキーは女のボクサーを認めようとしない。だが連日ジムに通い詰めるマギーの一本気さに、やがてフランキーの心も揺り動かされ始めるのだった。

【感想】
 試写会ですのでネタバレ無しで書きます。久しぶりに泣ける映画を観ました。舞台はとある田舎の片隅、ヒーローなんて出てきません。不器用ながらも誠実に生きている人たちのお話です。予備知識無しで観に行ったのですが、前半は「ロッキー」みたいな感じでした。しかし、後半は「●●コ●●●の●●」・・・・。
 フランキーは手塩にかけて育てたボクサーに去られ、マギーもまた家族とは心が通じ合っていなくて孤独です。そんな二人がボクシングを通じて心を通わせていきますが・・・・・。人間誰でも人生は因果応報って信じたいものです。「真面目に頑張れば報われる。きっといいことがある」みたいな。けれど、ヒラリー・スワンク演じるマギーは予想もしなかった苦難に陥れられていきます。
 ストーリー作りにおいては、『なるべく早く主人公に感情移入させて、あとはひたすら主人公を苦難に立たせて追い詰めろ』という鉄則があります。そうすれば、観客はその映画にどっぷりハマり、最後に主人公が目的を達した時にカタルシスを感じるというわけですが、この映画は最後まで主人公を苦難に立たせ続けます。モーガン・フリーマン演じるスクラップが最後にマギーの人生について、ひと言語りますが(このセリフが泣かせます)、彼女の人生が素晴らしいものだったかどうかは観た人間がそれぞれ自分で解釈するしかありません。
 とにかく三人の演技が素晴らしく、心に沁みる映画です。


ミリオンダラー・ベイビー
スポンサーサイト


映画評論・レビュー ブログランキングへ

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ミリオンダラー・ベイビー」を観る(From MM)

◆三位一体の奇跡のようなアンサンブルが織りなす魂のドラマ (★★★★★)  本年度のアカデミー四部門を独占した本作。評判通りの傑作、珠玉  の逸品であります。    細部に至るまで緻密に造形されたキャラクター、全てが計算され尽  くされた言動など、全く無駄とい

「ミリオンダラー・ベイビー」を観る(From MM)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ ◆ ミリオンダラー・ベイビー 2004年 アメリカ       ┃   監督:クリント・イーストウッド   脚本:ポール・ハギス   出演:クリント・イーストウッド,ヒラリー・スワンク,      モー

絶句するほど美しい「絆」のドラマ/「ミリオンダラー・ベイビー」評

『ミリオンダラー・ベイビー』(05/米/クリント・イーストウッド) Text By 膳場 岳人  筆者がこの映画を見てから一ヶ月以上が経つ。その間、ヒラリー・スワンクが演じたマギー・フィッツジェラルドの屈託ない笑顔を、クリント・イーストウッドが扮したフランキー・ダンの

スペシャルプレビュー『ミリオンダラー・ベイビー』

2005年5月17日18時30分開演(上映時間2時間13分)松下IMPホールにて主催:読売新聞大阪本社広告局協力:松竹監督:クリントイーストウッド脚本:ポール・ハギス原作:F・X・トゥール『ミリオンダラー・ベイビー』ハヤカワ文庫刊出演:クリント・イーストウッド/ヒラリ

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
リンク
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。